キャッシング利用時に知っておきたい法律

キャッシング利用時に関わってくる法律を改正賃金業法と言います。
知らなくてもキャッシング利用はできますが、知っておいた方が良いと思いますので簡単にご案内します。

これは深刻化する多重債務問題に対処するために作られた法律です。
多重債務でなければ関係ない、といいたいところですがお付き合いくださいね。
まず改正賃金業法は金利規制・過剰貸付規制・参入規制という3つの小さな法律のまとまりからできています。このうち利用者に関係があるのは金利規制と過剰貸付規制です。

金利規制はそれまで上限29.2%だった金利を上限20.0%まで引き下げます、という法律です。つまりどんなに高くても20.0%以上の金利は取られません。20.1%以上の金利を要求してきたとしても支払う必要はないのです。

次に過剰貸付規制ですが、これは借りられるのは年収の3分の1までです、という法律です。
例えば年収が250万円の人が借りられる最高額は83万までということですね。年収の3分の1以上のキャッシングを利用したい人には厄介かもしれませんが、考えてみてください。
3分の1以上を借りてきちんと返せますか?キャッシングには金利がかかりますから、借りた金額だけぽんと返すわけにはいきません。利息が付けば年収の半分くらいになってしまう可能性もあるのです。

どちらも非常に大切な規制ですから覚えておいてください。